外壁塗装で家を守る|太陽や雨から守りたいよう

様々な塗装

専門家や商品を知る

外壁塗装に携わる専門家について調べておく

建物を雨風から守り、美しさを保つ上で欠かせないのが外壁塗装です。おおよそ10年から15年ほどをサイクルとして、定期的に行うのが良いとされています。 外壁塗装を扱う業者はリフォーム会社や工務店、さらにハウスけーカーなどにも依頼できます。また塗装専門業者に依頼することで、直接職人に来てもらうこともできます。業者には下請けを使う所とそうで無い所があります。 これらの業者の職人の中には、国家資格を持つ職人もいます。建築塗装技能士と呼ばれる資格がそれで、1級と2級の資格が存在します。資格を所有していなくても、腕の良い職人も多くいますが、1つの目安として建築塗装技能士の資格を所有している職人がいる業者を選ぶのも良い手段です。

業者ごとに取り扱う商品が違ってくる

業者ごとに外壁塗装は取り扱い商品が違ってくるので、事前に把握しておくのが望ましくなります。例えば幅広く住宅の改装を請け負うリフォーム会社ならば、外壁塗装だけでなく、サイディングの交換も行えますし、インテリアとエクステリアの両方で様々なリフォームを依頼することもできます。 外壁塗装自体も業者によって、取り扱う塗料の種類が違って来ます。ほとんどの業者が取り扱っている定番の塗料としては、アクリルやウレタン、そしてシリコン系があります。しかし業者によってはセラミック塗料や光触媒塗料、遮熱塗料などを扱っています。さらにこれらの塗料は販売メーカーも複数あるため、その商品ごとに性能も違ってくる点を留意しておく必要があります。